【クラウドファンディング とは】怪しいの?詐欺なの?種類から仕組みまでをわかりやすく解説!

【クラウドファンディング とは】怪しいの?詐欺なの?種類から仕組みまでをわかりやすく解説! クラウドファンディング

お疲れさま!ビズトピのシマ(@tsuki_no_shima)です。

今回はクラウドファンディング についてわかりやすく解説していきます。

クラウドファンディング は新しいチャレンジをしたり、そのチャレンジを応援することができる仕組みです。

「クラウドファンディング」と言うことばは認知されているのに「なんだか怪しい!」などと言われ、仕組みを知らないのに批判されている方も少なくありません。

もっとチャレンジしやすく、もっと応援しやすい社会にするための仕組みですので、詳しく知らない方はぜひ読んでいってください。

スポンサーリンク

クラウドファンディング とは

知っている方も少なくないと思いますが、おさらいしてみましょう。クラウドファンディング とは、簡単にいうとオンライン上で不特定多数の人から資金調達ができる仕組みのことです。

プラットフォームに起案者(借り手)もしくは支援者(貸し手)として登録をし、プロジェクトを提案・支援することができます。

資金の集め方には種類があり、起案者に寄付をする場合と資金を融資してもらう代わりに見返り(リターン)が設定されている場合など様々。

まずはその種類について確認し、その後にクラウドファンディング によって見込めるメリット・注意すべきデメリットを見ていきましょう。

クラウドファンディング の種類

クラウドファンディング には、5つの種類があります。

  • 購入型クラウドファンディング
  • 寄付型クラウドファンディング
  • 融資型クラウドファンディング
  • 株式型クラウドファンディング

単語を見てみれば大体のイメージはつかめそうですが、以下に詳しく書いていきますね。

購入型クラウドファンディング

購入型クラウドファンディング購入型クラウドファンディング とは、「プロジェクトに対して支援者が出資をする」クラウドファンディングです。支援者は出資のリターンとして、商品やサービスを受けることができます。

支援者側から見ると新商品・新サービスの予約販売のような感じで、起案者側が製作費を募っているイメージ。

購入型クラウドファンディング には、さらに細かく2つに分類され、「All In型」と「All or Nothing型」に分けられます。

  All In型
・目標金額に達成しなくてもプロジェクト成立。
・募集開始時点ですでにプロジェクト・リターン実現可能であることが条件。

 

  All or Nothing型
・目標金額に達成しないとプロジェクト不成立。 (全てか無しか)
・資金を元にプロジェクトを立ち上げる。

寄付型クラウドファンディング

寄付型クラウドファンディング寄付型クラウドファンディング とは、読んで字のごとく。「プロジェクトに対して支援者が寄付をする」クラウドファンディング です。購入型との明確な違いは、支援に対してのリターンが基本的にないこと。(プロジェクトによっては、お礼の手紙なんかがあるようです。)

被災地への支援・復興など、社会貢献をうたったプロジェクトがあります。

融資型クラウドファンディング

融資型クラウドファンディング融資型クラウドファンディング とは、「支援者(投資家)から小口の資金を複数集めて大口化し、それを借り手企業に融資する」クラウドファンディング です。前者の2つとは性質の異なる仕組み。

日本では、融資型クラウドファンディング というよりも「ソーシャルレンディング」といった方が一般的ですね。

融資型クラウドファンディング は、支援者(投資家)から集めた資金を融資するため、リターンとして得られるものは「金銭的リターン」です。よって、投資商品とされているので法規制もあります。

株式型クラウドファンディング

株式型クラウドファンディング株式型クラウドファンディング とは、「企業が資金調達をするために未公開株式を提供して支援者から出資を募る」クラウドファンディングです。

支援者が支援によって得られるリターンは、企業の未公開株式です。

 

ざっくりとした解説でしたが、クラウドファンディング の種類や特徴については理解できたと思います。

それでは、次に起案者と支援者それぞれの視点から見たメリット・デメリットです。

クラウドファンディング のメリット

メリット

起案者のメリット①|資金調達の可能性を広げる

クラウドファンディング の仕組みができる以前は、資金調達の手段として身内や友人、銀行や自治体などからの融資に頼るしかありませんでした。

しかし、クラウドファンディング の登場によってオンライン上でエリアを越えて資金調達をすることができるようになり、事業の可能性も広がりました。

起案者のメリット②|事業の期待値をはかれる

支援者にプロジェクトを理解してもらうためのプレゼンも必要になるため、事業を始める前から世間の期待値をはかることができるというメリットもあります。

当然、金融機関から融資を受ける場合でも事業計画をプレゼンする必要はありますが、その融資をする判断はもちろん金融機関がしますよね。

「対象としている人=売りたい人」は世間の一般人なのに、「うまくいくか判断する人=お金を出す人」は金融機関。良いアイデアであっても現実的に見てもらえず広まらないことも少なくありません。

一方クラウドファンディング の場合は、「対象としている人=売りたい人」も「うまくいくか判断する人=お金を出す人」、どちらも世間の一般人なので、良いものは良い!というシンプルに結論が出せます。

支援者のメリット①|見返り・社会貢献ができる

クラウドファンディング に支援すれば、支援に対して見返りを受けることができます。購入型であれば商品やサービスの提供を受けられますし、寄付をする場合はプロジェクト自体が被災地の支援や復興であるため社会貢献をすることができます。

支援者のメリット②|資産運用ができる

融資型や株式型のクラウドファンディング に支援すれば金銭的なリターンが得られるため、資産運用をすることができます。

クラウドファンディングのデメリット

デメリット

支援者のデメリット①|プロジェクトの成功は保証されていない

起案者のプロジェクトがいくら素晴らしいものであったとしても、それが実現できることは保証されていません。

プロジェクトが成立(=資金調達の目標額を達成)したとしてもプロジェクトが失敗する可能性はゼロではないんです。

支援者のデメリット②|出資金は戻ってこない

支援に使ったお金は、基本的には戻ってきません。よって、プロジェクトへの支援は慎重におこなう必要があります。また、クラウドファンディング の仕組みを悪用し支援金・出資金を集める起案者がいることも事実です。

過去にも、偽プロジェクトを起案し支援を受けたり、高利回りの融資プロジェクトとうたっておきながら、実態はポンジスキームであったケースなども発生しています。

ポンジスキームとは、高利回りをうたって出資を募り、実際には資金運用はおこないません。当初の出資者の出資をプールしておき、後から参加した新たな出資者からの出資を最初の出資者へ配当として還元する自転車操業のような仕組みです。

スポンサーリンク

まとめ

クラウドファンディング とは
  1. オンライン上で資金調達が可能に!
  2. 事業を始める前から期待値がはかれる!
  3. 支援の際は成功が保証されていないので慎重に!

今回は、クラウドファンディング について書いていきました。それぞれの立場のメリット・デメリットはわかりやすかったでしょうか?

クラウドファンディング 自体は認知されていますが、実際に詐欺がおこったことにより「クラウドファンディング そのものが怪しい・してはいけない」と評価されてしまうのが残念でなりません。

慎重に判断する必要はありますが、社会全体がクラウドファンディング の仕組みをしっかりと理解できればさらに挑戦・応援しやすい社会になります。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございましたー!

スポンサーリンク